予備校より学習効率や費用対効果が良いスタディサプリというアプリ

評判のスタディサプリ 予備校より学習効率や費用対効果が良いスタディサプリというアプリ

予備校より学習効率や費用対効果が良いスタディサプリというアプリ

受験の為に、予備校や学習塾に通っている学生はとても多いです。

 

特に第1志望校に大きなこだわりがある学生は、予備校で熱心に学習している傾向があります。

 

 

しかし最近では、もっと別の手段で学習している学生も目立ちます。

 

スタディサプリというアプリがあるのですが、それは予備校よりも良いと評価される事も多々あるのです。

 

 

そもそも予備校に行く場合、少なくとも時間をかけて通学する必要はあります。

 

しかも予備校は、必ずしも自宅近くにあるとは限りません。

 

近ければ良いですが、わざわざ遠い予備校まで行くのは非常に大変です。

 

 

ところがスタディサプリというツールは、アプリになるのです。

 

アプリの良い点は、非常に幅広い場所で使える事です。

 

もちろんネット接続が可能な場所なら、どこでも使うことができますが、それがスタディサプリのメリットの1つなのです。

 

 

スタディサプリというのは、様々な講義が収録されているアプリになります。

 

高校や大学受験などが意識された講義が多数収録されていて、そのボリュームが大変多いです。

 

実に1万本もの講義が、それに収録されている訳です。

 

 

その講義を、スマホやタブレットなどで受講できるメリットが大きいです。

 

わざわざ遠い予備校まで行く必要も無いですから、少なくとも利便性にメリットがある事は確実でしょう。

 

 

ちなみに講義の内容も、非常に多彩です。

 

受験だけでなく、英語学習に特化した講義もあります。

 

ですから将来に備えて英語を集中的に学習したい学生にも、最適なアプリなのです。

 

 

それと録画されている点にも、大きなメリットがあります。

 

そもそも予備校に行きますと、たまにノートを取る事にかなり労力をかけている学生も多いです。

 

熱心にノートを取る理由は、要点を記録しておく為です。

 

講義は聞き返しができませんから、ノートやメモを取らざるを得ない訳です。

 

 

しかし頑張ってノートを取っても、たまに聞き逃しが生じてしまう事はあります。

 

一部を聞き逃してしまいますと、「今何と言ったか」が気になってしまうでしょう。

 

しかし予備校の講義は、必ずしも録画されているとは限りません。

 

聞き流しのリスクがある点は、予備校のデメリットと言えます。

 

 

ところがスタディサプリは、全ての講義内容が録画されている訳です。

 

いわゆるビデオのようなイメージです。

 

 

それで録画されているメディアなら、もちろん直ちに巻き戻しを行う事もできます。

 

全ての声や映像が録画されている訳ですから、わざわざノートを取るのに労力を割く必要もありません。

 

 

また、時間を有効に活用できるメリットもあります。

 

学生は、毎日それなりに時間をかけて学校に通学しているでしょう。

 

学生によっては、通学電車で長い時間をかけて移動する事もあります。

 

 

その通学時間が、少々勿体ない事もあるのです。

 

ですから電車の中で参考書などを広げて、学習するというやり方もあります。

 

しかし参考書は重量がありますし、電車の中が混雑していると、なかなか書籍を広げづらい事も多いです。

 

 

ところがスタディサプリというアプリなら、それも問題ありません。

 

何せアプリですから、スマホでも聴講する事ができます。

 

スマホならば、多少電車の中が混雑していても、問題なく受講できるでしょう。

 

 

このように使いやすさに関するメリットがあるスタディサプリですが、それに加えて費用対効果も魅力的です。

 

というのも予備校と比べれば、費用も大きく抑えられると見込めるからです。

 

 

そもそも予備校に行きたくても、費用的に難しい学生も少なくありません。

 

予備校は講義料がとても高い事が多く、入学金だけで数万円支払うことになります。

 

また肝心の講義を受講するためには、数十万円の支払いが必要な事が多いです。

 

それだけに、状況によっては100万以上の支払いが必要な事もあります。

 

それだけの予算を捻出するのは、やはり難しいでしょう。

 

 

ところがスタディサプリは、かなり費用を抑える事ができます。

 

スタディサプリは、有料のアプリではあります。

 

現時点では月額1,000円前後で使う事ができるアプリですが、それでも予備校と比べれば圧倒的に料金が低いです。

 

1年間それで受講しても、トータル12,000円以下に抑える事ができます。

 

実に数十倍以上もの差がある訳です。

 

ですから費用を抑えたいなら、やはり予備校よりはスタディサプリが良いでしょう。

 

 

ただいくら費用が安いとは言っても、肝心の学習効果が高くなくては、あまり意味がありません。

 

学力を伸ばす事が、講義を受ける一番の目的だからです。

 

 

しかしスタディサプリは、それも問題ないと見込めます。

 

というのも、スタディサプリを利用した学生の約8割前後は、成績アップを実感したというデータもあるからです。

 

 

予備校の場合は、必ずしもそこまで高い数字でない事もあります。

 

かえって予備校よりは、費用対効果が大きいとも言えるでしょう。

 

 

こういった学習効率や費用面などを考慮すると、スタディサプリは非常に魅力的なアプリです。

 

効率的に学習していきたいと思うなら、ぜひ使ってみると良いでしょう。